治療症例

症例1

全顎的な審美修復を主訴に来院されました。上顎前歯部にはエナメル質の剥離を認めます。上顎左側犬歯より後方は不適合修復物を認めます。
ジルコニアセラミックスを用いて治療を行い、主訴である審美障害は改善されました。

症例2

矯正治療後の審美障害を主訴に来院されました。
全顎的に不適合修復物と修復物下の二次齲蝕を認め、必要に応じて神経の治療を施し、歯冠修復を施しました。

症例3

上の入れ歯が合わないとのこと。右上の欠損部にインプラント治療を施し、前歯の見た目も気にしているとのことで、歯冠修復を行いました。治療効果が長続きするよう、歯冠修復に先だち、部分的矯正治療、歯肉・歯槽骨形成、上唇小帯が高位に付着していたため、歯ブラシが当てづらいとのことだったので、上唇小帯切除を行なっています。

症例4

歯周病による歯列不正、不適合修復物を多数認めた。顔貌と口唇との調和を考えて歯冠修復を行いました。

症例5

左上の前歯が脱落したとの主訴で来院。主訴部位の隣の歯も色調が隣在歯と調和しておらず、気にしていたとのこと。こういった症例の場合、被せ物をそのまま作っても早期に脱落し、長期予後が期待できないため、部分矯正と外科処置により、歯肉の上の歯を作り、歯冠修復を行うことになります。装着された歯冠修復物は隣在歯との違和感もなく、大変満足されていました。

症例6

笑った時に見える歯の形がきになるとのこと。不適切な修復物により、歯の長さが著しく短くなっていました。
外科処置により歯肉形成を行い、可能な限り歯冠の長さを長く見せるように製作し、違和感が減りました。歯を出して笑えるようになったと大変満足されていました。

症例7

歯根破折により不幸にも前歯を抜歯することになった患者さんです。両隣在歯は天然歯であり、ブリッジ治療を行うと、健全歯質を多量に切削しなければならなりません。
インプラントの外科処置を希望されず、隣在歯との接着ブリッジを装着し全く歯質を削らずに済みました。

症例8

全顎的に歯周病と齲蝕により咬合も崩壊、徹底的な歯周治療と咬合治療を施しました。
術後のモチベーションは非常に向上し、現在も一ヶ月に一度のペースで定期検診で来院中です。

症例9

左上の前歯の着色が気になるとのこと。主訴部位は数十年前に根管治療が施されており、着色を認めます。
神経の治療を施した歯は残存歯髄からのヘモグロビンの遊離により、着色してしまうことが多いです。一本のみのホワイトニングを行い、隣在歯との調和が得られました。

症例10

長年の喫煙による歯肉の着色を気にしておられました。
当院にて歯肉の着色除去を施し、2週間程度で健康的な歯肉の色に回復しました。こんなに簡単にキレイになるならもっと早く知りたかったとおっしゃっていました。

症例11

親知らずに接している部分から大きな齲蝕になっていました。親知らずの周囲は特に歯ブラシが当たりにくいため、清掃不良から齲蝕に罹患することが多いです。清掃が難しい場所は治療も難しいのです。
こういった症例では根管治療(神経の治療)が選択されることが多いですが、マイクロスコープを用いて齲蝕に罹患している部位のみを丁寧に除去、神経を抜かずに治療が可能となることもあります。神経を取らないことで歯の寿命が延命できます。
※写真の中の青い部分が齲蝕検知液で染まった齲蝕部分。

症例12

なかなか痛みが取れない歯の根の治療を行いました。マイクロスコープを用いながらアクセスしてみると、根の中から大量の膿が出てきました。
徹底的な根管内の消毒と投薬により症状が消失しました。

 

電話 022-796-4331 ▶

 

web予約にて「X」が表示されている場合でも、診療可能な場合がございます。
お急ぎの方は、お気軽にお電話にてお問い合わせください。

WEB予約 ▶

 

初診の方、過去に通院履歴のある方(定期検診・治療相談等)のみ承ります。
現在通院中で予約変更されたい方は、お電話にて承ります。

上杉北四番丁神田歯科医院ロゴ

水曜・日曜・祝日 休診

9:00-13:00 -
15:00-19:00 -

土曜日は9:00~17:00まで、診療いたします。

〒980-0011
仙台市青葉区上杉1丁目17-20
第六銅谷ビル2F

仙台市地下鉄南北線
北四番丁駅南2出口より徒歩0分

仙台銀行上杉支店さんの隣接ビルですので、堤通雨宮町・二日町・木町通・柏木からも便利です

TEL:022-796-4331