前歯や銀歯のお悩みはありませんか?

ダイレクトボンディングをご存じですか?

「コンポジットレジン」と呼ばれる審美性に優れたプラスチック樹脂を歯に接着させることによって、

むし歯治療や歯の形態修正を行う治療です。

他の治療と比べて健康な歯を削る量が最も少なく、ほとんどの場合に即日で治療が終了します。

 

治療の手順は、一般的なむし歯治療と同じです。

 

ダイレクトボンディングを選ぶ理由として、

①長持ちしやすいこと

治療中は原則「ラバーダム防湿法」というゴム製シートによる歯の隔離(乾燥)を行います。

これによりレジンとの接着力が飛躍的に向上することが証明されており、

歯質とレジンが強固に一体化し、細菌の侵入が予防できます。

②審美的な仕上がりであること

強度と審美性に優れた自費専用のコンポジットレジンを使用します。

患者さんの歯の色調に合わせた数種類のレジンを組み合わせて充填しますので、

より自然な色調の再現が可能です。

 

治療症例として、

①保険のレジン充填をやり直したい

特に小さなむし歯の場合、セラミック治療よりも優れています。

②銀歯を白くしたい

見た目が良くなるのはもちろんのこと、銀歯と比べて適合が良いため、むし歯の再発防止が期待できます。

③前歯の隙間を無くしたい

生まれつきや、矯正治療後に生じてしまった”すきっ歯”を治療することができます。

④前歯の形を整えたい

前歯が欠けてしまったり、歯の大きさが左右非対称な場合にも形態の修正をすることができます。

 

処置費用は、1歯あたり44,000円です。

(治療部位、状況により異なります)

 

患者さんおひとりに十分な処置時間を確保できますので、

より一層丁寧に、細部までこだわって治療にあたることができます。

毎日使う歯だからこそ、最良の医療を提供したいと考えております。

 

この記事を書いた人:長棟

監修:院長 神田佳明(歯学博士)