抜歯しなくても矯正できるの?〜当院でもマウスピース矯正ができます〜

この度、当院でもマウスピース矯正をはじめました!

当院で行っているマウスピース矯正は、アライン社の『インビザラインGO』です。

 

マウスピース矯正とは?

透明に近いマウスピース型の矯正装置を歯に装着して歯並びを綺麗にする治療方法です。

一人ひとりの歯に合わせて作製されるマウスピースを装着し、治療の段階に合わせて新しいマウスピースに交換しながら徐々に歯を動かして、歯並びを綺麗にします。

マウスピースの一番のメリットは目立ちにくいこと。また、取り外しができるため装置に食べ物が詰まる心配がなく、治療中でも普段通りの食事ができます。

 

『インビザラインGO』は抜歯をしません。

インビザラインGOは奥歯を除く計20本を対象とした矯正装置です。

適応症例としては、

・叢生

顎のサイズに対して歯が並ぶ十分なスペースがなく、重なってデコボコになっている状態。

・空隙歯列

歯と歯の間に大きな隙間がある状態。

・交叉咬合

口を閉じた際に、上の歯のいくつかが下の歯の内側にある状態。

・開咬

前歯だけが咬み合うことができない状態。

 

スペースを得るために、抜歯ではなくディスキング(歯を削ること)します。

最大で0.25mm。

※1歯あたり0.5mm削っても問題ないとされています。

 

抜歯をしないインビザラインGOの治療期間は、半年以内に治療を終了できることが多いです。

全顎矯正と同じ素材やシステムを使用しながらも、治療可能な範囲を限定することで、比較的短期間・低価格な治療を実現しています。

 

1200万人のビッグデータを基に、治療開始前に歯の動きをシュミレーションし、治療のゴールをイメージすることができます。どんなに有名な矯正専門医でも1200万人は診察していないでしょう。

 

歯並びを改善すると、歯磨きがしやすくなるため、虫歯や歯周病の予防につながります。

矯正治療で綺麗な口内環境を手に入れましょう!

 

インビザラインGOのHPはこちら

 

この記事を書いた人:佐竹

監修:院長 神田佳明(歯学博士)