最高レベルの滅菌・消毒

患者さんに安心して治療を受けていただくために、

治療用器具の滅菌・消毒並びに、院内感染対策等の衛生管理は当然の条件です。

 

当院では、ヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格をクリアするシロナ社(ドイツ)の

『DAC Professional』を使用して、滅菌を行っています。

クラスBは滅菌性能において、最高水準の規格です。

 

また、患者さんごとにハンドピース類(歯を削るドリル)をはじめ、

その他全ての器具の交換を行っています。

使用した器具は消毒と滅菌を確実に行い、使い回しは一切行っておりません。

なお、可能な限りディスポーザブル(使い捨て)製品を使用することとしています。

 

 

 

治療用チェア周りの接触可能領域は、

患者さんの治療が終わるごとに塩素系除菌洗浄剤『ルビスタ』を用いて、

清拭し、環境除菌を徹底しています。

 

ルビスタは新型コロナウィルス専門病棟でも使用されており、

SARS-CoV-2不活性化効果が認められています。詳しくはこちら

 

 

このように当院では、治療用器具及び治療環境において衛生管理を徹底しています。

どうぞ安心してご来院ください。

 

この記事を書いた人:千葉、竹内(歯学博士)

監修:院長 神田佳明(歯学博士)