歯科衛生士が推薦する歯ブラシ

いま使っている歯ブラシはどのようなものを選んでいますか?

お手頃な価格のものだったり、こだわりのあるデザインだったり選ぶ基準はさまざまだと思います。

年齢やお口の中の状態に応じて使用すべき歯ブラシは変化していきます。

 

今回のブログでは、当院で販売している一部の歯ブラシについてご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介していきたいのは、患者さんに好評のルシェロシリーズです。

こちらのルシェロシリーズは市販では売っていない歯科専売品です。

 

 

【ルシェロ歯ブラシB-10】

 

 

 

 

 

 

こちらルシェロシリーズのベーシックタイプです。

持ちやすいグリップで、長い毛と短い毛が合わさった段差植毛で歯間部などの磨きづらい部分にも届いてくれるようなブラシの形状になっています。

虫歯や歯周炎予防のに最適な歯ブラシで、当院でもおすすめしてる歯ブラシの一つです。

 

 

【ルシェロ歯ブラシP-20ピセラ】

 

 

 

 

 

 

こちらは上記でご紹介した歯ブラシと同じ形状ですが、よりコンパクトに作られているルシェロシリーズのピセラという歯ブラシです。

女性用の歯ブラシとして使用されることの多いピセラの歯ブラシですが、ブラシ部分が小さいため動かしやすく、歯肉に負担がかかりにくいことから歯肉炎や歯周炎、その予防に最適です。

また、当院で働いているスタッフにも人気が高い歯ブラシです。

 

 

【ルシェロ歯ブラシB-20ピセラ】

 

 

 

 

 

 

こちらもルシェロシリーズのピセラですが、上記のルシェロ歯ブラシP-20ピセラとは別の商品です。

ルシェロ歯ブラシP -20と同じくコンパクトサイズであるため顎や口が小さい方や、永久歯の生え変わりにある時期の10代の方などに適した歯ブラシです。

 

 

今おすすめした歯ブラシ3種類には、それぞれブラシの硬さがS(やわらかめ)とM(ふつう)の2種類があります。

歯ブラシの硬さはその方の歯肉の状態であったり、お好みに応じて変化します。

 

北四番丁神田歯科では歯科衛生士が患者さんの口腔内にあったものを、その都度おすすめしています。

3ヶ月毎のメインテナンスをされている方でも、セルフケアを確立されていないと口腔内の状態が良好とは言えません。

今回のブログではルシェロという歯ブラシについてご紹介させていただきましたが、その他にもさまざまな歯ブラシが揃えてあります。

自分に合った歯ブラシがわからない方や興味をお持ちの方は、お気軽にスタッフにお尋ね下さい。

 

当院では歯科衛生士のクリーニングのご予約に関しては歯ブラシの持参を毎回お願いしております。

歯科衛生士がその方の状態、癖に合った歯ブラシなのかを確認し、おすすめをさせていただきたいと思います。

 

 

この記事を書いた人:佐藤(杜)

監修:院長 神田佳明(歯学博士)